採用ホームページ制作|Indeedオフィシャルパートナー|ファンづくりカンパニー株式会社
2021.3.15 Mon
コンテンツ

いまの求職者が求める条件・注目される求人広告とは? オウンドメディアリクルーティングの可能性・第2弾

■ 前回コラム「いまの求職者が求める条件・注目される求人広告とは? オウンドメディアリクルーティングの可能性・第1弾」

 

前回に引き続き、現代における求職者が仕事に求める条件についてお話していきます。

今回は求職者のニーズの内容を、調査データと共に見ていきましょう。

 

いまの求職者が求めるもの・最重要は「働き方」や「充実感」

 

現代の求職者および労働者が持つ「仕事に対する考え方」は、2020年の新型コロナウィルス感染拡大以来、大きな変化を迎えています。
まずは「転職の条件」についての意識調査から求職者の需要を見ていきましょう。

2020年アジア5ヶ国・9000人以上を対象に行われた社会人調査(外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社調べ)では、以下のような結果が出ています。

 

引用:外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 働く9000人に対する意識調査

 

コロナ禍以前では最重要条件とされていた「給与や福利厚生」などの待遇について、回答者の過半数以上(55%)が「現在では重要性が低下した」と認めており、労働に対する大幅な意識の変化が起こっていることがわかります。

昨今では将来性への不安や働き方への意識変革をきっかけに、転職を考える20~30代が増加している傾向があります。
転職を機に異なる業種への転向を考える若者も多く、業界間での人の流動がある今は「良い人材」を獲得するチャンスでもあります。

ではこれから社会に出る学生の意識はどのように変化しているのでしょうか?

 

引用:新卒採用ダイレクトリクルーティングサイト「OfferBox」運営・i-plug 2021卒学生「企業の魅力と働き方に関する調査」

 

2021年新卒学生を対象にした「企業の魅力と働き方」に関する調査の結果、全体のうち75.6%が選んだ「社内の雰囲気が良い」が第一位となりました。
次いで第2位には「成長できる環境 50.3%」、これまでトップとなっていた「給与、待遇」が第3位と、若者の間でも理想的な働き方の条件に環境が重要視されていることがわかります。

このように、世代や環境を問わず、これまで重要視されてきた「金銭」や「待遇」といったものへの価値観が薄れていることが見て取れます。
その背景には、コロナ禍による「安定した安心できる労働環境」の崩壊が影響していると言えるでしょう。
永続的な雇用の保証が得られない中、満足感や充実感を得ることやスキルの向上など、総合的なライフスタイル設計と直結した働き方への意識が芽生えてきています。

上記のことから、いまの求職者達は「働きがい」「充実感」を得られるかどうかを見ていると言えます。

必ずしも「他社より雇用条件が良い会社」が注目されるわけではなく、社会情勢が促した働き方に対する意識改革は、すべての企業に平等に目を向けられる機会を与えるキッカケとなっています。

 

「充実感・働きがい」は「価値観共有」から生まれる・会社の魅力とのマッチング

 

求職者に対し自社の「充実感・働きがい」をアピールするためには、何が必要でしょうか?
それは「会社が持つ価値観・魅力」への共感を得ることです。

「充実感」や「働きがい」は従来のように「給与」や「待遇」といった目に見えるもので指し示すことができません。
また「充実感」や「働きがい」の基準は、達成感や評価などそれぞれであり、自身の持つ価値観によって違いがあります。

これは企業側も同様であり、会社が持つ理念や方向性などの価値観は固有のものです。
この価値観の一致によって、「充実感」「働きがい」が得られる職場であるかが左右されると言えるでしょう。

「自社で働くことによって得られるものはなにか」を明確にアピールすることで、会社が持つ価値観を理解してくれる求職者と出会うキッカケとなります。

そのためにも、求職者から注目される求人広告を作成するプロセスとして、自社の魅力について深く掘り下げることが大切なことだと言えます。
何を提供すべきか、何が強みであるか、自社についての情報を追求し提供することは、結果的に理想的な採用へとつながる近道となるでしょう。

そうした自社の情報や魅力、価値観などの表現手法として、昨今注目されているのが「オウンドメディアリクルーティング」です。

 

次号:いまの求職者が求める条件・注目される求人広告とは? オウンドメディアリクルーティングの可能性・第3弾

求人広告・採用の新たな可能性を生む「オウンドメディアリクルーティング」

今回は「求職者需要の変化と内容」、「価値観共有の重要性」についてお話ししました。

次号では、求職者需要を踏まえた求人広告作りに有効な手法「オウンドメディアリクルーティング」についてお話していきます。
弊社の取り組みが多くの企業様の悩みを解消し、働く人達との幸せな将来設計の手助けとなれれば幸いです。