採用ホームページ制作|Indeedオフィシャルパートナー|ファンづくりカンパニー株式会社
2022.6.6 Mon
コンテンツ

2023年卒の新卒採用選考が本格的にスタート

 

すでに6割以上の学生が内定

6月に入り、来春卒業予定の大学生らを対象とした採用選考が解禁されました。コロナ禍の収束を見据え、業績が回復傾向にある企業を中心に採用数は増えており、良い人材の採用に向けて選考が早期化しています。

政府が要請する採用ルールでは、採用活動の解禁日が、

▼説明会などの採用活動/3月1日
▼選考/6月1日
▼内定/10月1日

と設定されているなかで、株式会社リクルートの調査では

❝ 就職内定率が65.4%(※5月15日時点。対象は2023年3月卒の大学生)❞

引用:「就職プロセス調査(2023年卒)『2022年5月15日時点 内定状況』」
リクルート 就職みらい研究所

と、既に多くの学生が内定を得ている結果が出ています。

 

情報通信業が数多く内定出し

 

内定を多く出している業界は…

・情報通信業/25.3%
・小売業/13.5%
・サービス業(他に分類されないもの)/12.7%
・機械器具製造業/12.1%
・製造業(機械以外)/11.8%
(上位のみ抜粋)

内定取得先企業の従業員規模は…

・1000人~4999人/44.4%
・300人~999人/39.2%
・5000人以上/31.1%
(上位のみ抜粋)

引用:「就職プロセス調査(2023年卒)『2022年5月15日時点 内定状況』」
リクルート 就職みらい研究所

と、なりました。

 

2023卒学生の約6割が就活を継続

 

一方で、全体の59.7%が就職活動を継続する意思を示しています。

同調査では、❝ 就職志望者と内定取得者のうち44.3%の学生が内定を辞退 ❞しているデータ(5月15日時点)もあり、学生が慎重に進路を見極めようとする姿勢がうかがえます。

昨年のデータでは、進路を確定するタイミングは

▼7月1日時点/65.6%
▼8月1日時点/73.6%
▼9月1日時点/82.1%
▼10月1日時点/87.5%

引用:「就職プロセス調査(2023年卒)『2022年5月15日時点 内定状況』」
リクルート 就職みらい研究所

と、秋にかけて多くなっていく傾向がありました。

 

現在の「売り手市場」では

このように求職者優位の「売り手市場」のなかでは、意中の人材に入社してもらえるよう、内定後のコミュニケーションも不可欠と言えます。

また、採用活動を引き続き展開する企業さまは、自身が望むキャリアを目指す学生の心に訴求できるよう、引き続き情報発信や選考に取り組んでいただければと思います。

〈引用〉
「就職プロセス調査(2023年卒)『2022年5月15日時点 内定状況』」リクルート 就職みらい研究所

—————————————————————————

6/27(月)無料オンラインセミナーに、弊社代表 篠塚が登壇します!

「エンゲージメントを高める人財育成と採用戦略」セミナー
人財採用や人財育成で成果を出したい!とお考えのみなさま、ぜひご参加ください。

■ 予定プログラム
「エンゲージメントを高める人財育成と採用戦略」セミナー
第1部 「エンゲージメントを高める人財育成」 
    株式会社 入江感動経営研究所 代表取締役 入江 元太 (いりえ げんた)

第2部 「事業拡大に向けた攻めの採用」
    ファンづくりカンパニー株式会社 代表取締役社長 篠塚 大輔(しのづか だいすけ)

■ セミナーの詳細は<こちら>