ファンづくりカンパニー株式会社|採用競争力を底上げする求人特化型の広告サービス会社
2021.3.26 Fri
コンテンツ

教えてIndeed・第1弾 クリック課金制って?有料掲載にしたときの効果は?自社に適した運用方法を考える

テレビやCMでおなじみの求人サービス「Indeed」。
インターネット上のあらゆる求人情報が集約され、必要な条件に合わせて一括で検索できるサイトとして数多くの求職者に利用されています。

無料から求人掲載が可能であることで広く知られていますが、更なる効果を期待し有料での運用を検討する企業様も増えてまいりました。

また「Indeed」では、昨今話題となっている「クリック課金型広告」という新システムを導入していることでも有名です。

従来にはない革新的かつ効率的な料金システム「クリック課金制」ですが、「どうやって費用計算するの?」「結局いくらかかるの?」など、疑問の声もあるようです。

そこで「教えてIndeed」シリーズ・第1弾では「クリック課金制」についての解説、あわせて「有料掲載の効果」や「運用方法」についてお話していきたいと思います。
また「Indeed」が提案する「クリック課金制」のシステムの裏側には、「採用を求める企業や求職者にとっての最良の情報提供」への意識が集約されています。
なぜいま「Indeed」の「クリック課金制」が注目されているのか、本コラムを通してお伝えできればと思います。

第1回目となる今回は、「クリック課金制」について、詳しくご説明していきます。

 

クリック課金制とは?

「クリック課金制」とは、インターネット上に掲載されている広告について、「ユーザーがクリックした場合にはじめて料金が発生するシステム」を指します。

主にリスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告などで多く取り入れられており、検索エンジンを利用した人のほとんどが日常的に目にする「ネット広告」と同様の課金システムとなっています。

こういった「クリック課金型広告」では、「関心はあるけれど未だサービスに触れていない」という潜在層の獲得を実現するために有効な手法ですが、求人採用のシーンではユーザー・企業側ともに有益性のあるコンテンツとしての側面も持ち合わせています。

 

クリック課金型広告は理想の採用にも特化したシステム


一見不特定多数に発信しているかのような「クリック課金型広告」ですが、想定ユーザーを絞り込むことにも特化しているという隠れた特徴も持ち合わせています。

クリックに至るユーザーは、発信されている情報・製品・サービスに関心が高い層であるため、「欲しい人に響く」という点において求人採用のシーンでは重要な「求職者層のマッチング」を同時にはかることができます。

つまり自社に興味関心のある「働く意欲の高い層」に見られることにより、クリックされる段階で企業にとっても理想的な採用の実現に近づけることが可能です。

Indeedはこの「クリック課金制」を求人広告のシステムとして導入している代表的モデムとして、「クリック課金制」ならではの長所を活かしたサービスを提供しています。

 

次号:「教えてIndeed・第2弾 クリック課金制って?有料掲載にしたときの効果は?自社に適した運用方法を考える」

今回は「クリック課金制」についての概要をご紹介しました。

新たなシステムとして多くの広告で活用される「クリック課金制」を取り入れているIndeed。
その裏側には、企業と求職者を最良の採用へ導く意識が集約されています。

次号では、クリック課金制のしくみについて、詳しくお話しします。

 

本シリーズ「教えてIndeed」では、お客様のさまざまな使い方を想定した利用方法、システムや料金プランに関するやさしい解説、Indeedを上手に使った採用ノウハウなどについてまとめています。

また、弊社はIndeedオフィシャルパートナーとして様々な取り組みをしております。

Indeedご利用に関するご質問・ご相談などございましたら、弊社までお気軽にご連絡ください。